処理剤ってなに?〜必殺のカタラーゼ編〜

スポンサードリンク

Pocket

今日は、カラーやパーマ。

その後の処理。

 

当店、Rev hairではメニューにも記載しているのですが

カラーやパーマに

【処理剤】

なるものをいくつか使います。

 

処理剤と言っても色々ありますが、

その中でも特に重宝してるコレを。

 


 

中に【カタラーゼ】という成分が配合された液体が入っています。

 

これをカラーやパーマを流す際に髪の毛に付けて揉み込むと…

 

ブクブクと泡が出てきます

  

これ、うちで初めて施術する方によく

「これ何付けてるんですか?付けるとどう変わるんですか?」

「処理剤て結局トリートメント?」

と聞かれるのでこの機会にちょっと書いてみようかと。

スポンサーリンク




まずこれ。なんで泡出てくるのかというと

 

カタラーゼの特徴として

 

カラーやパーマに使われる2剤(過酸化水素)を分離させる

という効果があります。

 

はい、なんかかたっ苦しい単語出ましたね笑

 

簡単に言えば、髪の毛の中に残る良くない成分を除去しますよーてやつなんですが

 

まず、カラーの仕組みとして

 

  

左が1剤、右が2剤。

これを混ぜる事で初めてカラー剤が髪の毛に作用するのですが

 

この右の2剤。 

 

実は髪の中に残る事があります。

(正確には1剤と反応しきらなかった2剤) 

 

この髪に残ってしまった2剤が後のダメージや退色に影響してくる事があるんですね。

 

で、ここでカタラーゼの出番です。

 

 

2剤は「水と酸素」が合体して出来ています。

 

しかしカタラーゼを付けて揉み込むと…

 

合体していた水と酸素がたちまち「ただの水と酸素」に分解されてしまいます。

 

くっ付いてなければただの水と酸素なので流れ出て行きます。

 

そして分解された「酸素」がブクブクと表面に出てくる正体ですね。 

 

髪の中に居座っていた薬を分解して

髪の毛から追い出す事で

後から余分なダメージにならないように抑えるのです。

  

まぁ髪の毛ちゃんと労ってますよってやつです(なげやり 

 

やっぱりせっかく髪の毛を綺麗にするなら

余分なダメージになる物は極力除去した方がいいですしね。

 

他にも使う処理剤はありますが

今日は一部をご紹介しました笑

 

髪の毛綺麗に保っていきましょ( ‘ω’)ノ


ホットペッパーのリンクはこちら

Rev hair 愛知県 豊明市 新栄町7-296