店の備品をやらかして人生初〇〇〇の話

スポンサードリンク

Pocket

レブでは今、お客様の雑誌置場やスタイリング収納ペースに

このようなワゴンを使っています。
 

 

 

洒落てますね。好きです。

 

そして元々1台がお店にあって、

下にローラーがついてるのでこれを移動させながらお店で使いまわしてたんですけど

最近、もう1台買って頂けまして…

 

これで1人1台使ってわざわざ移動させる手間も無くなったわけです。

ありがたやありがたや…

 

そして注文してから物が届き、こちらのワゴンは組み立て式なのでさっそく組み立てる事に。

 

そして完成。


 

まぁ幼少期にミニ四駆やらプラモ作ってる経験あるなら余裕ですねふふ。

スポンサーリンク




ふふ。

 

……

 

ん?

 


 

……

 

 

……え、なにこれ。

 

なんでここだけ色ついてないの?

 

……

 

いやまさかそんな

 

 

……

 

 

ちょ、板の向き逆やないかコレ…

 

 

なんということを…

 

ミニ四駆ならスタビライザーポールを調子に乗って曲げすぎて戻そうとしてS状に歪になってしまうレベルだし

 

プラモなら説明書を自分の理解の範疇で組み立てようとして間違った場所にパーツをはめ込もうと無理やり突っ込んで土台諸共粉砕してしまうレベルのやらかしです。

 

 

やってしまった…

 

土台は接着剤で固定して組み立てているので戻せません…

 

あかん…

 

そこで代表今井から救いの一言が

 

「やれそうだったらペンキ塗っといて」と。

 

 

やれそうだったら…

 

やるしかありません。

ペンキとか触ったことすら無いですけど出来ませんとか言えません。

 

と、いう事でなぜかスタッフルームの奥底に眠っていたペンキ


 

ペンキは下手にやるとムラになると聞いたことがあるので、使い慣れた道具である

毛羽立って使わなくなったカラー用のハケで

 

 

はみ出さないようにテープを貼って

 


 

 

緊張の第一発目

 


 

お?思ったより塗りやすい…

もっとネトネトで塗りづらいと思ってたんですが、かなり伸びがよくすいすい塗れます。

 


 

カラーを塗るときのように、ハケの角度を調整して均一な塗布量で塗っていき

最後に違う方向からバイアスチェックする事で綺麗な発色を促します。(ただのペンキです)

 

そしてなんとか完成。

 


 

あとは一晩乾かしてテープ取れば完成か…

 

恐らくそれっぽくはなっているはず…

まさかこんな所で美容師のスキルを使うとは思ってもいませんでした… 

 

いやーしかし焦りました、ほんとに笑

 

皆さんもミニ四駆でもプラモでも説明書はしっかり読みましょう。

 
「業者が色つけ忘れた不良品でしょこれ」とか言って申し訳ありませんでした。